電気代が安い!パネルヒーターの人気おすすめランキング10選【デスク下にも】

パネルヒーター

当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しております。

寒い冬の日にあったら嬉しいのが「パネルヒーター」です。パネルヒーターは電磁波や遠赤外線の力で体の芯から温めることができる暖房機器です。石油ファンヒーターやガスファンヒーターのように炎を使わずに体の芯からしっかりとあたためることができますよ。

一見どれも同じように見える「パネルヒーター」ですが、実はそれぞれの製品によって価格も性能も全く異なっています。いざパネルヒーターを購入しようと思った時に同じような形の製品がずらっと並んでおりどれを購入すれば良いか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事ではパネルヒーターの選び方やおすすめ商品をご紹介。記事の最後にはパネルヒーターの使い方も紹介するので、ぜひ最後までご覧いただき参考にしてくださいね。

パネルヒーターの魅力

パネル ヒーター

体の芯からぽかぽかに

パネルヒーターは灯油やガスといった燃料が一切不要なため、給油の手間が不要でコンセントにさすだけで体の芯からぽかぽかにあたためることができますよ!

パネルヒーターがある生活は魅力がたくさん

手軽に部屋をポカポカに
パネルヒーターは石油ヒーターやガスヒーターのように燃料が必要なく、コンセントをつけるだけで手軽に部屋をあたためることが出来ますよ!
優しい暖かさで体の芯からあたたまる
パネルヒーターは電磁波として熱を放出し、その際に遠赤外線を発生させています。遠赤外線では単純に部屋をあたためるのではなく、体の芯からぽかぽかにすることが出来ますよ!
朝気持ちよく起きられる
寒い部屋の中で起きるのはとってもつらいですよね。パネルヒーターを使えば起きる時にあたたかい部屋があなたを待っていてくれますよ!

パネルヒーターの選び方のポイント

設置場所に合わせた「タイプ」から選ぶ

パネルヒーターには「据え置き型」と「壁掛形」の2種類のタイプが用意されています。部屋の間取りや設置場所に合わせて適切なタイプから選ぶ事をおすすめします。

POINT
1

設置場所に合った「サイズ」から選ぶ

パネルヒーターには大きいタイプや小さいコンパクトなタイプなどさまざまなサイズの製品がラインナップされています。設置場所に合った適切なサイズから選びましょう。

POINT
2

あたたまるスピード「速暖性」から選ぶ

寒い冷え切った部屋はできるだけ素早くあたためたいものですよね。そんなときに大切なのが「速暖性」です。速暖性優れているパネルヒーターがあれば寒い部屋と素早くさよならすることが可能です!

POINT
3

「安全機能」もチェック

火事や火災といった事故を防ぐためにも「安全性」に注意する必要があります。また、赤ちゃんや子どもがいる家庭では「チャイルドロック」など誤操作を防ぐための機能がついているかチェックする必要があります。

POINT
4

電気代を安くするために「省エネ機能」にも注目

パネルヒーターには「エコモード」や「温度調節機能」「人感センサー」など省エネに関するさまざまな省エネ機能が用意されています。電気代を安くしたいとお考えの方は「省エネ性能」にも注目する必要があります。

POINT
5

あったらうれしい便利な「機能」から選ぶ

パネルヒーターには移動しやすくするための「キャスター」や、机の下に貼り付けられデスク下をあたためられる機能などさまざまな便利機能が用意されています。自分自身のニーズにあった機能が提供されているか購入前に確認しましょう。

POINT
6

お気に入りの「デザイン」から選ぶ

パネルヒーターにはさまざまな形やカラーの製品がラインナップされています。自身の部屋に合ったお気に入りのデザインの製品を選ぶことで部屋だけでなく心までぽかぽかにあたためる事ができますよ!

STEP
7

信頼の「メーカー」から選ぶ

暖房機器は部屋をあたためる便利な家電である反面、使い方を間違えると火事や火災などに繋がってしまう危険な家電でもあります。そのため、安心の信頼できるメーカーの製品を選ぶ事が大切です。

POINT
8

パネルヒーターの選び方

設置場所に合わせた「タイプ」から選ぶ

パネルヒーターには大きく分けると「据え置き型」と「壁掛け型」の2種類のタイプが用意されています。それぞれのタイプにより適切な設置場所が異なってくるため、設置場所にあったタイプから選ぶ事が大切です。

持ち運びしやすい「据え置き型」

据え置き型のパネルヒーターは床に立てて設置するタイプのパネルヒーターです。とても薄い製品が多いため、リビング以外にもトイレや机の下などに設置するのにも最適ですよ!

コンパクトに設置可能な「壁掛け型」

据え置き型パネルヒーターを設置する場所がないという方には「壁掛け型」のパネルヒーターがおすすめです。壁に設置するため、配線や設置にすこしハードルが高くなってしまいますが、空いている壁面を有効活用することができるので便利です。

設置場所に合った「サイズ」から選ぶ

パネルヒーターには大きなサイズから小さなサイズまで幅広いサイズが用意されています。設置場所に合ったものでなければ最悪「設置できない」という事にもなりかねないので、しっかりと設置場所に合った製品を選びましょう。

小さな場所でも設置可能な「コンパクトタイプ」

一人暮らしの方の部屋の場合や、トイレや洗面所・ウォークインクローゼットといったそこまで広くない場所を暖めたい場合「コンパクト」な「小さいタイプ」のパネルヒーターがおすすめです。

また、購入する際に「壁からどのくらい離して設置する必要があるのか」「奥行きの長さはどれくらいなのか」を確認してから購入するのがベストです!

結露を防げる「両面タイプ」

一般的なパネルヒーターは片面パネルとなっていますが、両面タイプの場合は違います。表裏両方からあたたかい遠赤外線を放出し、広範囲をやさしくあたためます。

部屋の真ん中へ設置し部屋を全体的にあたためるのはもちろん、窓際に両面タイプのパネルヒーターを設置することで、外の温度と室内の温度が原因で起こる「結露」を防ぐことができますよ!

机の下もぽかぽかにできる「デスク下用タイプ」

デスク下用タイプのパネルヒーターはデスクワークやパソコン作業などの際に冷える足を優しくあたためてくれるアイテムです。足は特に冷えやすく、たとえ靴下をはいていたとしても寒さを感じてしまうという人も少なくありません。そんなときに活躍するのが「デスク下用タイプ」のパネルヒーターです。

デスク下用タイプのパネルヒーターにはこたつのように専用のカバーをつけて保温性を維持する製品もあるので、自身に合わせて最適な製品を選んでください。

あたたまるスピードが速い「速温性」から選ぶ

冷え切った部屋の中で部屋の中があたたまるまで長時間待っているのはとっても辛いですよね。そんなときに意識したいのが「速暖性」になります。即断性が高いパネルヒーターであれば素早く部屋を暖める事ができますよ。

速暖性の高い製品であれば、寒い部屋の中で辛い思いをしながら部屋があたたまるのを待っている必要がなくふ、冬の間快適に過ごすことができますよ。

「安全機能」もチェック

パネルヒーターのような暖房機器は特に「安全性」に注意する必要があります。一歩間違うと火事や火傷の原因となってしまうため、必ず安全性能がしっかりとしているかチェックすることをおすすめします。

地震の時でも安心「転倒時電源OFF機能」

転倒時電源オフ機能とは、地震などの際にパネルヒーター本体が転倒してしまった場合に自動的に電源を切る機能のことです。転倒時に自動的に電源を切ることで火災のリスクを少なくすることができますよ。

熱すぎになるのを防ぐ「オーバーヒート制御機能」

オーバーヒート制御機能とは、パネルヒーター本体が熱くなりすぎた際に自動的に電源をオフにする機能のことです。本体が発熱しているのにも関わらず使い続けていると火災の原因になってしまいます。そのため、オーバーヒート機能で熱くなりすぎた際に自動的に電源を切ることができるのかチェックする必要があります。

子どもの誤動作を防ぐ「チャイルドロック機能」

チャイルドロック機能とは子どもが誤動作する事を防ぐ機能のことです。火災の原因の一つに子どもの誤動作が挙げられます。また、パネルヒーターは比較的安全な暖房機器ですが、子どもの行動は予測できません。最悪の場合火事や火傷といった自体につながる可能性があります。

そのため、赤ちゃんや子どもの安全を守るためにも「チャイルドロック機能」がついているかどうかチェックしておく必要があります。

電気代を安くするためにも「省エネ機能」に注目

暖房機器を使う際に気になるのが「省エネ機能」ですよね。パネルヒーターを購入した際は電気代にも注意する必要があります。主な省エネ機能としては「エコモード」「人感センサー」「タイマー機能」などが挙げられます。

自動的に最適な運転を「エコモード」

エコモードとは自動的に最適なモードで運転し部屋を快適な温度にしつつ電気代を節約する機能のことを言います。エコモード搭載の機器であれば自動的に電気使用量を節約できることはもちろん、省エネにも繋がりますよ。

人がいないときは自動的に電源を切る「人感センサー」

人感センサー機能がついているパネルヒーターであれば、人がいないときは自動的に出力を弱めたり電源を切ったりと自動的に節電することが可能です。また、消し忘れ防止にもつながるため火災などの事故防止にもつながります。

オンオフ時間を設定できる「タイマー機能」

オンタイマーやオフタイマーといった機能がついているパネルヒーターであれば、朝起きたときの部屋や仕事帰りの部屋を事前にあたためておくことはもちろん、寝ている間は電源を切り起きる前に電源が自動的に入るようにタイマーをセットし、部屋を事前にあたためておくことも可能です。

また、電源を入れる際に「オフタイマー」を設定していれば消し忘れを防止する事ができ省エネにもつながりますよ。

あったらうれしい「便利機能」から選ぶ

パネルヒーターにはさまざまな便利機能がついています。それぞれの製品よってついている機能が異なってくるため、自分自身の求めているニーズに合わせて最適な機種を選ぶ事が大切です。

コンパクトにしまえる「折り畳み式」

パネルヒーターを使うのは主に寒くなる「冬」の期間になりますよね。折りたためるタイプのパネルヒーターであれば使わない期間コンパクトにしまっておくことができますよ!

机の下もポカポカにできる「マグネット」

マグネットがついているタイプのパネルヒーターであれば机の下などにマグネットの力で貼り付け、テーブルの下をぽかぽかにあたためる事ができますよ!寒い冬の日のデスクワークにも最適です。

移動しやすい「キャスター付き」

一度設置してしまえばよほどのことがない限り場所を移動することのないパネルヒーターですが、季節の変わり目など移動する場面もしばしばありますよね。そのようなときにキャスター付きの製品であれば簡単に移動させることができ便利です。

お気に入りの「デザイン」から選ぶ

パネルヒーターは部屋をあたためるだけの製品ではありません。部屋のインテリアに合ったお気に入りの製品から選ぶ事で部屋の中はもちろん、心までぽかぽかにあたためる事ができますよ。

パネルヒーターを選ぶ際は必ずお気に入りの「デザイン」から選ぶ事をおすすめします。

信頼の「メーカー」から選ぶ

パネルヒーターはガスファンヒーターや石油ファンヒーターと比較すると比較的安全な暖房機器ではありますが、それでも火事のリスクが完全にゼロという訳ではありません。信頼できるメーカーの製品を購入することで安全に利用することができますよ。

おしゃれなデザインが魅力な「デロンギ(DeLonghi)」

デロンギ

イタリアのメーカーである「デロンギ」はおしゃれな製品が多いことで知られています。また、デザインだけでなく高性能な製品を多くラインナップしており、自然対流でやさしく部屋の中を丁寧にあたためていきます。

キャスター付きの製品や窓際での使用に特化した製品など、自身のニーズに応じて最適な製品を選ぶ事ができますよ!

無駄のない省エネ性能を実現「山善(YAMAZEN)」

山善のパネルヒーターは省エネ性能に一定の定評があるメーカーです。また、日本生まれのメーカーであり、日本らしい丁寧な作りの製品や日本レベルの高品質なカスタマーサーポートがついてきます。

日本のメーカーの製品を探している人には山善のパネルヒーターがおすすめです。

パネルヒーターの人気おすすめランキング10選

一人暮らしの方におすすめ!コンパクトパネルヒーターの人気おすすめランキング3選

評価 :3/5。

評価 :4/5。

評価 :4/5。

結露を防ぎたい方におすすめ!両面パネルヒーターの人気おすすめランキング2選

評価 :3.5/5。

評価 :4/5。

机の下を温めたい方におすすめ!パネルヒーターの人気おすすめランキング5選

評価 :4.5/5。

評価 :3.5/5。

評価 :4/5。

デザイン重視な方へおすすめ!おしゃれなパネルヒーター人気おすすめランキング2選

評価 :3.5/5。

評価 :3.5/5。
パネルヒーター ASU-020MA
ASUWELL(アスウェル)

パネルヒーターのおすすめの使い方

冬の相棒「パネルヒーター」上手に使って賢く部屋の中をあたためていきたいものですよね。ここではパネルヒーターのおすすめの使い方をご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。

窓際に設置し冷気をシャットアウト

パネルヒーターは窓側に置くことでさらに効果を発揮します。以外かもしれませんが、窓を完全に閉めたと思ってもわずかに隙間が空いておりそこから冷気が部屋の中に侵入してきています。窓の近くにパネルヒーターを置くことで冷気をシャットアウトすることができ、より効果的に部屋をあたためる事ができますよ!

部屋があたたまってきたら基本は「弱」

パネルヒーターは部屋をあたためる際に一番電力を消費します。そのため、部屋があたたまってきたからと言って電源を切るのではなく「弱モード」にして部屋のあたたかさを維持する事をおすすめします。

部屋があたたまってきたいからと言ってすぐに電源を切ってしまい、今度部屋が冷えてきたからと言って再度電源をつけると「弱モード」にしたままにした場合と比較し消費電力が多くなってしまうため注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事ではパネルヒーターの選び方やおすすめ商品をご紹介させていただきました。パネルヒーターにもいろいろな種類がありそれぞれの製品によって全く性能や価格が異なってくることが分かりましたね。

その他のおすすめ暖房機器を紹介

最新記事をお知らせ!

最後までご覧いただきありがとうございました。得するショッピングでは新着記事をお知らせするメールマガジンを発行しております。ぜひご登録いただき最新記事をお見逃しなく!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です